? 十二支 | 四柱推命研究協会

十二支

十二支(じゅうにし)とは、陰陽思想である 『この世界は相対する2つで出来ている』 と言う考えより十干(天干)と対となる存在(地支)のことです。また、年賀状でおなじみの、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称でもあります。

    寅  卯  辰  【木(甲・乙)と対になるもの】

    巳  午  未  【火(丙・丁)と対になるもの】

    申  酉  戌  【金(庚・辛)と対になるもの】

    亥  子  丑  【水(壬・癸)と対になるもの】

古来、木星は約12年で天球を西から東へ一周することより、天の赤道を等分割し、それぞれに十二支を当てはめたのが始まりとされています。すなわち十干が日数を表すのに対し、年を表すのに用いられました。また月数も同数であることより季節を表す表記ともなっています。

したがって十二支はあくまで時間を表す字であり、動物そのものではなく、12345でも、ABCDEでも構いません。虎は強いので寅年生まれは剛の寅、未(ひつじ)年生まれはのんびり屋、と言うのも全く意味がありません。これは十二支=動物と言う先入観にとらわれているからです。

十二支は方位を表す記号にも使われています。ここに五行思想を組み合わせ、四季それぞれが全て揃う、円形に配置した時に正三角形を構成する三合会局、さらには刑、冲(衝)、破、害、合(支合、六合)なるものもあります。

しかしこれらは四柱推命を発展させる過程で、星占い(ホロスコープ、宿曜術、七政四餘など)を融合させて出てきたモノで、結果的に全く不要の存在でしかありません。十二支の本来の意味を全く無視した理論であり、四柱推命を学ぶ上で最も弊害となるものです。

十二支を始め、四柱推命とは季節の変化(時間軸)に伴う身体の変調から編み出されたもので、天と言っても天体や星は関係なく、地と言っても大地でも方位でもありません。どんなに方位学や星占いで権威づけても、相容れない存在なのです。

なお、十二支とは十干を納める容器のようなものであり、時間軸から計算すると

    寅には甲が100%、

    卯には甲が20%、乙が80%、

    辰には乙が40%、戊が60%入っます。

    ※土(戊・己)と対になるものは辰の60%、未の60%、戌の60%、丑の60%となります。

これは他の十二支も同様となります。

四柱推命の解説

陰陽 /  五行 /  相生と相剋 /  十干 /  十二支 /  干支暦 / 正しい理論

ページトップへ

十二支