? 五行 | 四柱推命研究協会

五行

五行(ごぎょう)とは、古代中国の思想であり、『この世のありとあらゆることはすべて木・火・土・金・水の5つに分類する事が出来る。』という考えです。これらの要素は常に互いに助け合ったり、反発し在ったりします。

先代旧事本紀大成経などによると、五行の始まりは太古、混沌の状態であった時代、冷たい要素が北に移動し水を生じ、暑いものが南に移動し火を生じ、陽気が東に移動し木を生じ、陰の要素が西に移動し金を生じ、最後に残った要素が中央に集まり土を生じた、とされています。

五行は互いに密接な関係をなしており、順に相手を生じていく相生、逆に相手を傷つける相剋、同じ気が重なり合う比和などがあります。これらはその時の状況によって良くもなったり、悪くもなったりします。従って画一的に相生が良く、相剋が悪い、と言う理解は四柱推命を学ぶ上で最も大きな弊害となります。

例えるならば、仮にある要素が足りない場合、相手を強化すること(相生)は非常に良い結果となりますが、逆に強く、大きすぎるのに、更に相生し、さらに増長させてしまうことはバランスが崩壊し、悪い影響を及ぼします。

相剋の場合も同様です。仮にある要素が非常に強い場合、相手を弱らせ全体のバランスをとることは非常に良いことですが、逆に弱くて弱くてしかたないのに、相手更にを傷つけるともはや再生不能となり全体にも悪影響を及ぼすします。

また陰陽と同様に五行の名称とはあくまで例えに過ぎず
『木・火・土・金・水』に五行を分けられますが、あくまで 代名詞 に過ぎません。
『犬・猫・鼠・兎・鳥』で五行を分けても、『あ・い・う・え・お』でも構わないのす。

肝臓 酸味
心臓 苦味
土用 中央 脾臓 甘味
西 肺臓 辛味
腎臓 塩味

一部の占いで、五行の一つ、水はブルーであるとされています。ですから『水の日生まれ』のラッキカラーは『ブルー』とされていますが、水=水そのものではなく、水の様に絶えず変化する、と言うのが五行『水』の本質です。すなわち、新しいものに順応できる、変化に対応できる、捕らわれない、と言う意味です。

ですからこの場合も、ラッキーカラーは『ブルー』はでも何でもなく、仮に青色の何かを身につけても無意味となります。また仮にあっても既述のように水がバランスを欠く場合、悪影響を及ぼします。前述の陰陽と同様、五行も含め、古代中華思想においてはすべて丸暗記は不要であり、全般について言えます。

四柱推命の解説

陰陽 /  五行 /  相生と相剋 /  十干 /  十二支 /  干支暦 / 正しい理論

ページトップへ

五行