? 相生と相剋 | 四柱推命研究協会

相生と相剋

陰陽五行説の特徴として相生(そうせい)と相剋(そうこく)という関係があります。

【相生】とは、ある五行が、ある五行を強める関係です。
【相剋】とは、ある五行が、ある五行を弱める関係です。

陰陽説の章で世の中には必ず対となる関係が存在すると説明しましたが、相生と相剋も対となる関係で、

相生する側、相生される側、と言う対となる関係、
相剋する側、相剋される側、と言う対となる関係、です。

ここで最も注意すべき事は、

相生(強化、味方)だから良い、
相剋(弱体化、敵)だから悪い、

と言う画一的な考えをしてはならないということです。

五行の章でも解説しましたが、ただでさえ強い要素をさらに強くしてしまうことはバランスを欠き悪影響を与え、逆に暴走する程に強力な要素を攻撃することは全体の均衡を考えると非常に良いことです。

弱い要素を強化することは良いことであり、ただでさえ弱い要素を更に弱体化することは宜しくありません。

[木→火→土→金→水→木…]の順に相生が起こります。
[木→土→水→火→金→木…]の順に相剋が起こります。

木を例にとって考えると、

木は木と協力しお互いがお互いに強くなる。 ←比和する。
木は火を強化するが木は疲弊して弱くなる。 ←相生する。
木は土を攻撃し、木自身も疲弊し弱くなる。 ←相剋する。
木は金に攻撃され、木は疲弊して弱くなる。 ←相剋される。
木は水に援助され、木は力を増し強くなる。 ←相生される。

となります。

四柱推命の解説

陰陽 /  五行 /  相生と相剋 /  十干 /  十二支 /  干支暦 / 正しい理論

ページトップへ

相生と相剋