? 自動鑑定では何も分からない | 四柱推命研究協会

自動鑑定では何も分からない

ネット上にある四柱推命の自動鑑定の多くは予め回答を用意して表示している程度です。例えば…

①誕生日から日の干と支を求め、12運を出し、それで診断する。(これは昔流行った動物占いです。人生は12通りしかないと考える自体がナンセンスですよね。

②誕生日から日の干支をから空亡を出し、それですべてを診断する。(これは大殺界そのものです。人生はたった12通りだけで充分とし、荒稼ぎした理論です。)

③誕生日から日の干支を出し、それですべてを診断する。(懐かしの動物占いそのものです。干支は60種類あるの60通りの回答があります。上記に比べて多少はマシです。)

この他にも、日の干支(60)×月支元命(10)=600通りの回答を用意したり、組み合わせをひたすら増やして複雑化を図る、などなど無意味な鑑定が多いです。人の人生は十人十色、あなたの真剣な悩みが予めパターン化した回答で解決出来るわけがないのです。

その他、通変星や12運、神殺の採用、出生時刻が不要、日干の強弱を無視なども、自動診断の特徴といえます。

既述の理由によりすべての自動診断では、複雑な悩みや運命に対して何も分からない事をご理解されたと思います。なお当サイトでは、コンピューターによる自動診断ではなく、専門家の手による運命の相談に応じております。実際にご依頼された場合、専門家がすべて手作業でお答えします。

四柱推命の解説

ページトップへ

自動鑑定