よく当たる無料の自動鑑定なんてない | 四柱推命研究協会


四柱推命研究協会

自動鑑定では何も分からない

日干の強弱の重要性

四柱推命をネットで検索すると、多くの自動鑑定サービスがあります。検索キーワードにも、四柱推命、無料、当たる、が上位に来ていますが、実際のところどうなのでしょう?

これまで何度も言っているように、四柱推命では日干の強弱で結果が180度変わってしまうのです。そして、自動鑑定というもののほとんどが日干の強弱を無視して、予め用意された文章を表示するだけのプログラムにすぎません。

では、有料の場合は違うのでしょうか?結論から言うと無料と変わりません。出力される文章がきめ細かく、文章量が多いという違いはありますが、ベースとなるプログラムが変わらないため、当たっていない大量の文章を読まされるだけなのです。

では、ここからよく見かける自動鑑定の代表的なシステムを見てみましょう。

空亡(大殺界)

空亡だけですべてを診断するの簡単な占いです。日干の強弱は関係ありません。なにせ日干そのものを見ないのですから。

これは大殺界システムそのものです。その昔は天誅殺という名前で脚光を浴びました。

12運(動物占い)

これも昔流行った動物占いを代表とするやり方です。占いの帝王、四柱推命の12運をベースとしている、と明言している占い師さんもいたのですが、肝心の四柱推命自体が12運を否定しているので意味がありません。

ただ当時としてはキャッチーなタイトルと、コンビニとのコラボで商業的には成功しました。

その後、品格のあるチータ、デリケートなゾウ、など同じ動物でも細分化をはかりましたが、12運システムがベースとなっているので有効性のなさは変わりません。

干支システム

誕生日から日の干支を出し、それですべてを診断するシステムです。干支は60種類あるの60通りの回答があります。上記に比べれば多少はマシでしょうか。

ですが日干のみですので、強弱を見ていません。生まれた時間によってはたとえ同じ誕生日でも既婚者にも、一生独身にもなります。従いましてこれも役に立ちません。

その他の自動鑑定

この他にも、日の干支(60)×月支元命(10)=600通りの回答を用意したり、さらには神殺の採用や、西洋占星術。さらには風水などを組み合わせ、ひたすら組み合わせを増やしてを複雑化に進む鑑定システムなどもあります。

占いを知らない人には、色々な占いが出来るスゴいサイトだ!と権威付け出来るかも知れませんが、モラルとしてはどうなのでしょう?

自動鑑定がダメな最大の理由

では、日干の強弱を判断出来る自動鑑定はないのでしょうか?それを採用しているサイトもありますが、残念ながら正確に判定出来るプログラムを無料・有料に関わらず未だにありません。

四柱推命研究協会でも日干の強弱をさまざまな方に伝授してきましたが、これを理解して貰うのに非常に苦労してきました。数値計算なので教える方法も考えましたが結局無理でした。結論から言えば不可能に近いと言え、人間の経験と勘が重要ということになります。

四柱推命では日干の強弱で鑑定が180度変わります。日干の強弱を判定して初めて鑑定が出来るのです。この判定がコンピューターに出来ない以上、現段階では自動鑑定は意味をなさないのです。

※AIの進化で今後状況が変わるのかも知れません。

結局、自動鑑定では何も分からない

転職するべきか?はたまた結婚できるのかしら?人の人生は十人十色。あなたの真剣な悩みは予めパターン化した回答では解決出来ないのです。

以上の理由より、現段階では自動診断であなたのお悩みに対して、ちゃんとした解答を出すことが鑑定システムは有料・無料に関わらずありません。

もし、四柱推命でご相談にのって欲しい方は、手作業による鑑定を行われいる方に依頼することをお勧めします。

戻る

性格・性状 /  家庭環境 /  健康状態 /  適性職業 /  恋愛・結婚 /  相性診断
自動鑑定では何も分からない

ページの先頭へ