newpage7.html へのリンク

 


上野 大仏


関東大震災前の上野公園 大仏写真





上野の森の大仏様は、つらく悲しい
永い歴史の中

 幾度となく被災して、幾度となく
再建され

関東大震災で又、被災して
再建される、時を待つ時

大平洋戦争に、出会い

胴体は、南の海に帰りました

今は顔だけですが、大仏山で
皆様が、おいで下さられますように
お待ちしています。



 
                      
上野大仏様の被災の歴史

@ 寛永8年 越後村上藩主、堀直寄氏が 漆喰の釈迦如来坐像を建立する

A 正保4年 地震により倒壊する
B 万治年間、遊行僧浄霊が 金銅像として再興する。
C 元禄11年 公弁が大仏に 覆堂を建立する。
D 天保12年 覆堂の火災により 大仏が損傷する。
E 天保14年 堀直央氏の寄進で 大仏澱を修復する。
F 安政2年 安政大地震により 頭部が損傷再び堀直央氏が 寄進により修復する。
G 明治8年 上野公園の整備にともない 大仏殿を撤去する。
G 大正12年 関東大震災により 頭部が落下解体除去して寛永寺が保管し 資金の目処が立たず再建を断念する。
I 昭和15年 軍需金属資源として 顔面部を残し供出され消滅する。
J 昭和42年 関東大震災の50回忌にあたり,上野観光連盟が願主となりパコダを建立する。
K 昭和47年 寛永寺に保管の顔面部を レリーフとして安置する。

詳しくは「
上野大仏 - Wikipedia
           


上野 大仏
a

上野公園の桜並木に面した小高い丘です



地震による数度の被災 幕末の上野戦争を体験し
関東大震災を経験し 太平洋戦争に遭遇してて
数奇な運命を経験した上野公園 上野大仏様は

人の背丈の上野大仏

人の背丈ほど小さく成りましたが,大仏様のほおに流れた

幾筋の涙のあとがお顔に刻まれています。

 この涙のあとを触れると 心が安らぎ

ご利益が




大仏様のお顔をやさしく触れてください



お茶会〔野点〕



上野大仏関係者
   
上野大仏彼岸花


上野大仏の草木


上野大仏の行事



上野大仏の服

上野大仏花情報







武州小川焼

住所110-0007 台東区上野公園 4-8番

 東叡山 寛永寺 清水観音堂 大仏仏 パコダ

合格祈願は上野大仏

安全祈願も上野大仏

上野公園上野大仏の地図



newpage7.htmlへのリンク