工作室
当工房で製作したモデルや作業のご紹介です。

工作室メニューへ戻る

ページトップへ戻る

6A.主翼の製作(キットのL上翼中央の組立
R.A.F. S.E.5a 1/8 scale 機体編 2/3
 翼中央の前縁には冷却水と燃料の補助タンクが設置されています。キットではこの部分は構造的には
表現されていませんが、真鍮板で補助タンクを作成することにします。キットのタンク部分のリブは
カットすることになります。
 SE5aの構造がわかるイラストなどの資料は色々ありますが、上翼中央部分について見るとリブの構成が
板に丸穴など中抜きしたものや、細材を組み合わせた形ものなど違いが見られます。中央のリブは中抜きが
無いのが普通ですが、それ以外のリブはキットで指示されている他に「細材を組み合わせた風中抜きを
施しました。またキットの後縁、U型の部品は幅広なので細くしました。左右両端のリブの中抜は省略
しました。
 翼中央の翼型(エアフォイル)はキットでは下面が主翼部分も含め直線ですが、実際は主翼の中央部分は
凹面になっているので、それに合わせ下面を曲線にしした

  翼中央部分は胴体に前後4本の支柱で保持されていますが、この支柱はキットではシナ合板を整形して
作成しますが、実機では鋼管に木製のフェアリングが付けられている形ものが多いようです。ここでは3mmの
真鍮パイプで鋼管を表現し、にキットのシナ合板を利用したフェアリングを取り付けます。支柱中央には
2mmの真鍮棒で3mmの真鍮パイプを差込む支柱用の金具を取り付けます。
 支柱用金具
 支柱用金具
6B.主翼の製作(キットのJ上翼の組立
 主翼の翼型(エアフォイル)はScale Aircraft Drawings volume 1図面に従ったので、
組立て前に予めリブの底面の形状を底面が平らな状態から凹面に削りました
 組み立ては前後、中央の3本のスパーの下側補強材に5本の長尺のリブを接着します。同時に翼端の
L型の成型材も翼型に合わせ凹面に曲げ加工し接着します。 前縁補強リブの下側リブカバーを前側スパーに
接着します(
主翼は4つ作りますが、2つ目からはリブカバーの先端側を予め曲げ加工しました)。
翼中央との接合部のリブを接着します。長尺リブの下側リブカバーを主翼後端の成型材を
基準に接着します。前後、中央の3本のスパーを完成させます。

前側スパ前淵リブを接着します。
前縁リブの底面は平面でないので前縁リブカバーの先端、曲面の
部分は後から接着します。前縁リブカバーの長さは34mmの指定ですが、リブが曲面なので36mmにしました。
上側のリブカバー接着します。
 先端リブの中抜きはキットの指示より大きく(リブの厚みを薄く)しました。
 

 
Scale Aircraft Drawings volume 1
6C.主翼の製作(キットのKエルロンの組立
 エルロンは上下同じ構造です。ほぼキットの指示どおり作成しました。
ヒンジを金属製に変更し、取り付け位置はScale Aircraft Drawings
volume 1
ISBN:0-911295-02-Xの図面に従い
翼上面側に取り付け
るため、エルロンの主翼側端面は斜めにカットし逃げを作ってあります。
エルロン(上翼左)