遺産分割について協議と財産の評価

遺 産 分 割 の 順 序


被相続人の死亡 共同相続財産 相続人 遺産分割協議 協議成立 遺産分割協議書作成


遺産の分割


相続人
相続人 協議不成立 家庭裁判所
●遺産分割の調停
●遺産分割の審判
●訴  訟
相続人

遺産分割の条件 T 相続人が確定されていること
U 遺産の範囲と価格・評価が確定されていること
V 各相続分の具体的相続分が確定されていること

相 続 財 産 の 評 価

財 産 の 種 類 評価方法
1 宅地及び借地権等 市街地等:路線価格(形状調整)
郊外地等:固定資産評価額倍率方式
借地権等:自用地価格の一定割合
2 順農地、第二次転用許可可能農地及び耕作権等 固定資産評価額倍率方式
3 純山林、市街地付近山林等及び賃借権等 固定資産評価額倍率方式
4 原野、牧場、池沼 固定資産評価額倍率方式
5 鉱泉地 基本価格×温泉地指数×ゆう出量指数
6 雑種地 固定資産評価額倍率方式
7 家屋及び借家権等 固定資産評価額倍率方式
門・ヘイ等の付属設備は再建築価格から経年減価額を控除する
家屋と一体となった付属設備は家屋に含める
借家権は家屋の価格の一定割合
庭園設備は調達価格の70%
8 果樹 幼樹期、青年期、成熟期、老齢期:標準価格の20%前後調整価格
9 立木 標準価格比準方式
10 一般動産 調達価格又は新品小売価格−経年減価格
11 商品・製品・生産品 販売価格−(適正利潤+予定経費+消費税)
12 著作権、工業所有権 将来受ける補償金の複利現価(利率4.5%)
13 上場株式、気配相場のある株式 証券取引所の最終価格、新聞紙上の取引価格
14 取引相場のない株式 類似業種比準方式、純資産額方式、混合方式
15 公社債 発行価格+利払期末到来の既経過分利息(利付き)
16 預貯金 預け入れ高+既経過利子
29 貸付金、売掛金、等の貸付金債権 元本+既経過利息


相続トップページへ    トップページへもどる

本山行政法務事務所